初めて広告を打ち出す

印刷機

宣伝効果を出す

お店そのものや、商品・サービスなど、何かしらを宣伝するためにはチラシ印刷に頼るのもアリでしょう。チラシ印刷をするなら印刷会社へ発注しますが、初めてならば宣伝効果を期待できる内容(原稿)を考えることが必要です。いくらチラシ印刷のデキがよくとも、宣伝効果に繋がるワケではありません。あくまでも売り出すためのツールである点は了承(マナー)しておきましょう。全国版となる印刷会社を利用するなら、送料無料であり、年末年始も稼働しているところを選ぶことで、年末年始向けの広告を打ち出すことができますし、チラシ印刷で何かしらトラブルになっても、迅速丁寧に対応してもらえます。電話窓口・納期カウント・出荷のみならず、初心者がポイントにするのは入稿の受付時間でしょう。大概、14時までの入稿であれば当日受付可能ですから、早く配布したいのなら確認しましょう。また、WordやExcelなどのOfficeデータ入稿可能なのか、ここは十分に確認しましょう。特に、文字原稿に関してはデジタル文書として作成するはずです。写真や図のデジタル画像を配置することもでき、原稿文書として印刷会社との間で受け渡しがなされます。しかし中には不可としたり、取扱のないフォントであれば正常に表示されません。マナー・ルールがあるとすれば、アウトライン化してから入稿することです。せっかくのレイアウトが崩れてしまう可能性も少なからずありますので、業者任せにはせずに最終確認はしましょう。