出来栄えに関わる

印刷機

入稿前のチェック

チラシ印刷を印刷会社に発注するにしても、発注者の意図とは違ったフォントに換えられる場合もあります。やり直しの保証サービスが付帯されていなければ、チラシ印刷にかかった代金は支払う必要があります。発注者も、モニターにて印刷イメージを確認しましょう。チラシ印刷では、図形化する作業もあり、自分たちでイラスト作成することで費用を抑えることができますが、フォント検索での検知ができないトラブルも発生しています。アウトライン作成には十分に気をつけておきましょう。チラシ印刷と一口にいっても、文字と図版とレイアウトに分けることができます。安価に仕上げるならば、文字原稿ですが、せっかく印刷会社に発注するならば、プロの仕上がりを期待したいはずです。組版や製版印刷には時間を要することもありますから、明日までに納品してほしいなどの対応が難しいでしょう。原稿の作り、形態も複雑化しているのも特徴です。もちろん、文字原稿ならば組版のための下書き、文字量の把握も可能です。しかし、写真やイラストなどの図版原稿の入稿であれば、拡大率やトリミングなどの指定を添える昔ながらのやり方が定着していることもあります。アウトライン処理をしないまま入稿してしまえばどうなるでしょうか。別フォントになって印刷されてしまいかねません。グラフを用いる原稿であれば、フォントのアウトライン処理のチェックが外れてしまうかもしれません。そのまま入稿するのは構わないものの、検知できない可能性もあります。写真に関しても同じく、できる限りは高画質なものの用意は発注側の最低限できる品質向上です。どうしても使用される画像の解像度が低くなれば、モザイク状の粗いチラシ印刷になる可能性が否定できません。チラシ印刷の発注では、対価を考えれば、仕様も必要部数の確定なども、発注側がチェックしておかなければならないものです。